必ず役に立つ!自宅のインターホンの交換方法

ニュース一覧

インターフォンの付け替え

婦人

工事のために知っておく事

インターホンの交換をする場合、まずはご自宅のインターホンが自分で交換できるものかそうでないかを確認してください。プラグ付きコードが壁に刺さっている場合や、乾電池式の場合は特別な方法は必要ありません。説明書などに沿って取り外し、新しく準備したインターホンを設置してください。これら以外の場合は、交換の際に特別な技術や知識が必要ですので、業者や量販店に依頼しましょう。多くの場合、新しいインターホンは事前に準備する必要が有ります。量販店で購入する際はその時に設置サービスを利用すると良いでしょう。 依頼する業者が決まったら、工事の内容を確認しましょう。この時に取り外すものと交換するもの両方のインターホンの大まかなタイプ(ドアホンかモニター付タイプか、無線か有線かなど)や、現在付いているものの設置時期や場所も合わせて説明できるようにしておくとよりスムーズに進める事ができます。さらに詳細な情報が必要になった場合は、現地調査を行うこともあります。その後、見積もりおよび契約書の作成を行います。戸建て住宅の場合は、契約成立後に着工します。集合住宅や賃貸住宅の場合は、理事会を開いて業者より説明を受けてから契約、着工する事ほとんどです。 工事の際、新しく取り付けた本体や取り付け部をコーティングするため、できれば晴れている日に行うと良いでしょう。工事は一件につき数時間で終わる事がほとんどです。取り付けが終わり次第、動作確認をして完工という流れになります。

オススメ記事

工具

一戸建てより高い防犯対策

マンションなどの集合住宅には必須のインターホンですが、不特定多数が出入りするため一戸建てよりも防犯機能が充実した機種が多いのが特徴です。オートロックタイプのインターホンや、不審者を発見したときに警報音を鳴らし録画する機種、ガス警報器と連動したり警備会社へ通報機能を持つ機種などがあります。
インターホン

種類が豊富になっている

インターホンの種類は豊富で、価格もそれぞれ異なります。激安価格でも機能性に優れているものはたくさんあります。そんな商品を探してみましょう。安価で高品質なものならそれに越したことはありません。インターネットや口コミを参考にしましょう。

婦人

インターフォンの付け替え

インターホンを交換する際、業者や量販店に依頼する場合は新しいインターホンを用意し、また業者に新旧インターホンのタイプや、古いものの設置時期や設置場所を説明できるように準備しておきましょう。必要な情報が全て揃った後、交換工事を行います。

ドリル

人気のドアホン

マンションのインターホンは犯罪から住人を守るためのものと考えられます。したがって、液晶付きはもちろん録画機能やズーム機能も付いているものが住人に人気です。その他、火災やガス漏れ等の危険をお知らせする機能が付いたものや、他住戸への連絡機能が搭載されたものなども選べます。